東北大学地理学教室人文ゼミ

業績リスト
最近の提出論文、著書、学会発表論文の一覧です。

2013年4月~2014年3月

学術論文(審査あり)
    学術論文(審査なし),紀要,商業誌,編著の一部,書評など
    • <2012年度活動>
    • 1)吉野博・日野正輝編著,2013,『今を生きる―東日本大震災から明日へ!復興と再生への提言― 5. 自然と科学』,東北大学出版会,340頁.
    • 2)HINO Masateru,2013, Individual-city-centered networks for cities’ self-sustainability: Lesson from the Great East Japan Earthquake, Science Reports of Tohoku University 7th Series( Geography), 1-12.
    • 3)日野正輝,2013,経済センサスによる主要都市の支店集積量の把握と問題点,商学論集(福島大学経済学会),81-4,149-161.
    • 4)日野正輝,2012,自地域を中心に据えたネットワーク形成のすすめ,人文地理,64,166-167.
    • 5)日野正輝,2012,震災復興のイメージを求めて,東北都市学研究年報,11・12,1-2.
    • 6)日野正輝・小泉諒・山神達也・藤井正・矢部直人・宮澤仁・江崎雄治・富田和暁・村山祐司,2012,脱成長社会の日本の三大都市圏の変容,E-journal, 7(2), 276-280.
    • https://www.jstage.jst.go.jp/article/ejgeo/7/2/7_276/_pdf
    講演・学会発表
    • <2012年度活動>
    • 1)日野正輝,2012,経済センサスによる主要都市の支店集積量の把握と問題点,東北地理学会春季学術大会,5 月 26 日,仙台(仙台市戦災復興記念館).
    • 2)Masateru Hino, 2012, Cities’ necessity to buid intercity networks for their self-sustainability: Lessons from the Great East Japan Earthquake, Annual Meeting of Urban Geography Commission oh International Geographical Union, August 25, Technische Universität Dortmund. Germany.
    • http://www.unil.ch/webdav/site/igu-urban/shared/Hino__Intercity_Networks.pdf
    • 3) 日野正輝,2012,脱成長社会における日本の都市像を求めて―趣旨説明に代えて―,日本地理学会秋季学術大会,10月7日,神戸大学
    • 4)Masateru Hino, 2012, Image of Tohoku Region as a center of manufacturing industry brought by the 3.11 Earthquake―Interruption of car production of Toyota by damage of parts suppliers in Tohoku Region―,2012 International Symposium: The 2011Japanese Tsunami: Disaster, Response, and Recovery, 10月19日,町田(J.F. Oberlin University).
    • 5)日野正輝,経済センサスによる主要都市の支店集積量の把握と問題点,日本都市地学会,10月28日,北九州市(西日本工業大学)
    • 6)日野正輝,自都市を中心にしたネットワーク形成の必要性―震災後の物資不足の経験から―,11月10日,石巻(石巻専修大学)
    • 7)日野正輝・由井義道・宇根義巳・Fatwa Ramdani,膨張するデリー大都市圏の郊外開発,東北地理学会第3回研究例会,2013年2月2日,仙台(東北大学)

    検索

    検索年度:   検索語:

    業績リストトップへ
    トップページへ
    
    © 2004- Tohoku University Human Geography Seminar