東北大学地理学教室人文ゼミ

業績リスト
最近の提出論文、著書、学会発表論文の一覧です。

2008年4月~2009年3月

学術論文(審査あり)
  • 佐々木 達,2009,宮城県亘理町における農業特性と複合経営の再編,季刊地理学61,1-18
  • 宮澤仁・照内弘通・山本健太・関根良平・小林茂・村山良之,2008,外邦図デジタルアーカイブの構築と公開・運用上の問題,「地図」 46(3),1-12.
  • 山本健太,2009,ソウルにおけるアニメーション産業の集積と特質―国際分業および労働市場に着目して―,季刊地理,60,185-206.
学術論文(審査なし),紀要,商業誌,編著の一部,書評など
  • 小田隆史,2008,北カリフォルニアにおけるエスニック集団の政治・経済:日系米国人社会との関係強化の現状と展望,『外務省委嘱調査・研究最終報告書』,外務省北米局北米第一課
  • 小田隆史,2008,ふくしまで生まれ,世界で生きる,『ジャイロ』96号, 福島県国際交流協会
  • Toru SASAKI,2008,The Price Decline of Rice and its Effects on the Family Farm: A Case Study of the Tohoku region,Science Reports of Tohoku University,7th Series(Geography),56
  • 村山良之・照内弘通・山本健太・宮澤仁,2008,外邦図デジタルアーカイブの公開と課題,外邦図ニューズレター 5,35.
  • 村山良之・照内弘通・山本健太・関根良平・宮澤仁,2009,外邦図デジタルアーカイブの構築の経過と今後の課題,小林茂編,近代日本の地図作製とアジア太平洋地域―「外邦図」へのアプローチ,424-435.
講演・学会発表
  • CHANG YangYi 2008, The spatial pattern of population movement in Korean regional hierarchy,3rd Korea-China-Japan Joint Conference on Geography
  • 丹羽孝仁,2008,タイ進出日系企業におけるタイ人労働者の特性,東北地理学会2008年度春季学術大会.
  • 丹羽孝仁・キティ リムスクル,2008,タイにおける日系企業の労働市場,日本地理学会2008年秋季学術大会.
  • NIWA Takahito,2008,The mechanism of labor supply and demand of Japanese companies in Thailand, 3rd Korea-China-Japan Joint Conference on Geography.
  • 2008.エスニック・タウンにおける再開発VS保存を取り巻く諸制度とコミュニティの都市社会地理―アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ市の事例.日本移民学会年次大会.東京学芸大学
  • 2008.サンフランシスコ市における都市再開発と参加型ガバナンス.人文地理学会大会.筑波大学
  • 佐々木達,2008,宮城県亘理町における複合経営の再編,経済地理学会北東支部例会
  • 佐々木 達,2008,ニラ産地の形成と成立条件―山形県金山町を事例として―,東北地理学会春季学術大会
  • 佐々木 達,2008,果樹産地の衰退と複合経営の再編―秋田県横手市の事例―,日本農業市場学会個別報告
  • Toru SASAKI,The Price Decline of Rice and the Condition of Family Farm Existence –A Case Study of Tohoku Region-,3rd Korea-China-Japan Joint Conference on Geography
  • 佐々木 達,2008,特別栽培米の地域的展開とその成立条件,経済地理学会北東支部例会
  • Tadayoshi T.「Policy Integration of Thinning Promotion and Trends in Use of Domestic Timber: A case of Northeast Japan」,環境科学研究科第6回研究発表会,32,東北大学,2009年3月(ポスター発表,査読無し)
  • Tadayoshi T.「Policy Integration of Thinning Promotion: A Case of Ishinomaki District Forest Owners’ Cooperative, Miyagi Prefecture, Japan」,The 3rd Korea-China-Japan Joint Conference on Goegraphy, Cheongju University,Cheongju, Republic of Korea(October 2008)(Oral,unreviewed)
  • Tadayoshi T.「Current State of Thinning and Upcoming Stage of Forestry in Northern Japan: a Case of district forest owner's cooperative」,The 31st International Geographical Congress, Kram Congress and Exhibition Center,Tunisia(Augest 2008) (Oral, reviewed)
  • 多田忠義,「近年の国産材利用動向と宮城県・石巻地区における間伐促進事業」,東北地理学会春季学術大会,1-19,宮城大学,2008年5月(口頭発表,査読なし)
  • 山本健太,2008,コンテンツ産業に関する研究動向と今後の課題,東北地理学会2008年度春季学術大会.
  • 山本健太,2008,上海および無錫におけるアニメーション産業労働者の特性,日本地理学会2008年秋季学術大会.
  • 山本健太,2008,コンテンツ産業の集積メカニズム―日中韓アニメーション産業を事例に―,日本地理学会2008年秋季学術大会 国際経営・経済研究グループ.
  • Kenta YAMAMOTO,2008,Agglomeration Mechanism of Content Industry - The Case of Animation Industry in Japan, Korea, China -,3rd Korea-China-Japan Joint Conference on Geography. Cheonju, Korea.
  • 山本健太,2009,アニメーション産業の国際分業と企業間取引関係の構造―日韓,日中の国際分業関係に注目して―,日本地理学会2009年春季学術大会.

検索

検索年度:   検索語:

業績リストトップへ
トップページへ

© 2004- Tohoku University Human Geography Seminar