東北大学地理学教室人文ゼミ

業績リスト
最近の提出論文、著書、学会発表論文の一覧です。

2004年4月~2005年3月

学術論文(審査あり)
  • 日野正輝,2005,インドにおける経済自由化に伴う外国直接投資の増大と国土構造への影響,地誌研年報,no.14,1-20.
  • 二口絵理子・宮澤 仁,2004,バリアフリー・マップの現状と下肢不自由者の情報要求からみたその有用性.地図,v.42(3),1-10.
  • 馬場美智子・増田 聡・村山良之・牧 紀男,2004,ニュージーランドの防災型土地利用規制に関する考察-地方分権と資源管理型環境政策への転換との関わりを踏まえて-,都市計画論文集,v. 39,601-606.
学術論文(審査なし),紀要,商業誌,編著の一部,書評など
  • 岡橋秀典・日野正輝・友澤和夫・石原潤編著,2005,「二つの大国の変貌―グローバリゼーション下のインドと中国」,広島大学総合地誌研究センター,研究叢書,no. 40,99.
  • 日野正輝編著,2005,「地方中枢都市の発展性を規定するローカリテイに関する比較研究」,平成14-16年度日本学術振興会科学研究費補助金研究成果報告書,74.
  • 日野正輝,2004,事業所配置(161-162),支店経済(167-168),中核市(245-246),事業所従業者の構成からみる都市経済(447-448),東北都市学会編,「東北都市事典」,仙台共同印刷,484.
  • 日野正輝,2004,書評:池谷和信著「山菜採りの社会誌―資源利用とテリトリー」(東北大学出版会, 2003年), 地理, v.49(4),115.
  • 日野正輝,2004,書評:中村豊著「メンタルマップの現象学」(古今書院, 2004年), 地理, v. 49(5),117.
  • 日野正輝,2004,書評:松原宏編「先進国経済の地域構造」(東京大学出版会, 2004年), 地理, v. 49(6),115.
  • 日野正輝,2004,書評:戸所隆著「地域主義への市町村合併―大都市化・分都市化時代の国土戦略」(古今書院, 2004年), 地理, v. 49(6),117.
  • 日野正輝,2004,書評:内田忠賢著「よさこい/YOSAKOI学リーデイングス」(開成出版, 2004年), 地理, v. 49(8),117.
  • 日野正輝,2004,書評:金田章裕・藤井正編著「散村・小都市群地域の動態と構造」(京都大学出版会, 2004年), 地理, v. 49(9),116.
  • 日野正輝,2004,書評:石原潤編「内陸中国の変貌―改革開放下の河南省鄭州市域」(ナカニシヤ出版, 2003年), 地理, v. 49(10),116.
  • 日野正輝,2004,書評:高橋英博著「グローバル経済と東北の工業社会―場所の個性・場所への意図・場所の思想」(東北大学出版会, 2004年), 地理, v. 49(11),117.
  • 日野正輝,2004,書評:梅原猛・安田喜憲著「長江文明の探求」(新思想社, 2004年), 地理, v. 49(12),107.
  • 日野正輝,2005,書評:東北都市学会編「東北都市事典」(仙台共同印刷, 2004年), 地理, v. 50(1),117.
  • 日野正輝,2005,書評:荒井良雄・箸本健二編「日本の流通と都市空間」(古今書院,2004年),地理, v. 50(2),114.
  • 日野正輝,2005,書評:森川洋著「人文地理学の発展―英語圏とドイツ語圏との比較研究」(古今書院,2004年),地理, v. 50(3),112.
  • Abe, T. and Miyazawa, H., 2004, Repopulation in the central areas of major Japanese cities. In Pacione, M. ed., Changing Cities: International Perspectives. Universities' Design and Print: Glasgow, 253-262.
  • 宮澤 仁・村山良之・上田 元,2004,外邦図のデジタル画像化とアーカイブ構築に向けて-東北大学における試行作業から,季刊地理学,v. 56,163-168.
  • 村山良之,2004,2003年宮城県北部の地震-災害の経験から明らかになったこと.地理,v.49-9,32-37.
  • 関根良平,2004,郡山市の農林水産業,155-169,「郡山市史,続編Ⅲ,通史」.
  • 上田 元,2004,環境地理学の教育とアフリカ,アフリカ研究(日本アフリカ学会創立40周年記念特別号),72-73.
  • 上田 元,2004,学界展望・年間展望(2003年1月~12月) 政治・社会,人文地理,v. 56,251-254.
  • 上田 元,2005,第1章 ライキピア半乾燥平原における蔬菜生産と灌漑システム運用,「ケニアの半乾燥地域における農村社会のモラル・エコノミーに関する環境地理学的研究」,平成14~16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2) 研究代表者:上田 元), 1-1-1-35.
  • Yamamoto, S., 2004, Decline of the Footwear Industry in Japan and the United States as a Result of the Global Shift in Production, Science Reports of Tohoku University, 7th Series(Geography), V. 53(1/2).
  • 山本俊一郎,書評紹介 高橋英博著「グローバル経済と東北の工業社会 場所の個性・場所への意図・場所の思想」(東北大学出版会),季刊地理学,v. 57.
講演・学会発表
  • Endo, N. and Kusharto, M., 2004, Crop Selection and the context in a Rural Village of West Java-In the Case of 2003, a small rainfall year-, the 3rd Seminar under JSPS- DGHE Core University Program in Applied Biosciences.
  • 遠藤 尚,2004,西ジャワ農村における少雨年の作物選択とその背景,東北地理学会春季大会.
  • 遠藤 尚,2004,西ジャワ農村における水田営農世帯の作物選択とその背景,人文地理学会大会.
  • 日野正輝,2004,インドにおける1990年代の経済自由化以降の外資系企業の立地動向,日本地理学会春季学術大会.
  • 日野正輝,2004,経済自由化後のインドにおける外国直接投資の特性と地域分布,東北地理学会春季学術大会.
  • 日野正輝,2004,支店集積による都市成長の限界と今後の方向性,東北都市学会大会.
  • 日野正輝,2004,地方主要都市におけるオフィスビルの空室の増加と背景,東北地理学会秋季学術大会.
  • 日野正輝,2004,経済自由化後のインドにおける外国直接投資の特性と地域分布.東北地理学会春季学術大会.
  • Abe, T. and Miyazawa, H., 2004, Repopulation in the central areas of major Japanese cities. The 30th Congress of the International Geographical Union, Commission on Monitoring Cities of Tomorrow.
  • 宮澤 仁,2004,育児期の就業と保育所利用に関する時空間収支のジェンダー分析.お茶の水女子大学21世紀COE「ジェンダー研究のフロンティア」公開講演会.
  • 宮澤 仁,2004,社会保障の地域活性化効果に関する一考察―福島県西会津町のトータルケアのまちづくりを事例に―.日本地理学会秋季学術大会「高齢者の地理学研究グループ」例会.
  • 宮澤 仁・村山良之,2004,東北大学所蔵の外邦図のデジタルアーカイブ化に向けて,第5回外邦図研究会.
  • 宮澤 仁,2005,福島県西会津町におけるトータルケアのまちづくりの展開と地域活性化効果.経済地理学会北東支部例会.
  • 佐藤 健・柴山明寛・村山良之・源栄正人・増田 聡,2004,2003年7月26日宮城県北部の地震災害調査研究 悉皆調査(その2)悉皆調査による木造建物の地区別被害分布,日本建築学会大会.
  • 柴山明寛・佐藤 健・村山良之・平野信一・松本秀明・増田 聡・久田嘉章・源栄正人,2004,2003年7月26日宮城県北部の地震における建物被害に関する追加調査および復旧復興調査(その1),日本地震学会秋季大会.
  • Hirano, S., Murayama, Y. and Matsumoto, H., 2004, Ground failure and building damage caused by Miyagiken-Hokubu Earthquake in 2003, Northeastern Japan, International Conference 'Environmental Hazard and Geomorphology in Monsoon Asia: Progress in Process Study and GIS Mapping'.
  • 馬場美智子・増田 聡・村山良之・牧 紀男,2004,ニュージーランドの防災型土地利用規制に関する考察-地方分権と資源管理型環境政策への転換との関わりを踏まえて-,第39回日本都市計画学会学術研究論文発表会.
  • 増田 聡・柴山明寛・佐藤 健・村山良之・源栄正人,2004,2003年7月26日宮城県北部の地震災害調査研究 悉皆調査(その1)建物被害の悉皆調査の概要,日本建築学会大会.
  • 増田 聡・村山良之,2004,宮城県における2003年の地震経験と製造業の地震対策・リスク管理,日本地理学会秋季学術大会.
  • 村山良之,2004,地形改変地の土地条件指標-1993年釧路沖地震による建物被害の再検討-,東北地理学会春季学術大会.
  • 村山良之,2004,地形改変地の建物被害と土地条件-1995兵庫県南部地震による神戸市垂水区の被災事例-,東北地理学会秋季学術大会.
  • 村山良之,2005,建物被害状況からみた新潟県中越地震災害の特徴-住家被害を中心に-,日本地理学会春季大会.
  • 村山良之・増田 聡・梅津洋輔,2005,ニュージーランドの活断層上と近傍の開発計画指針,日本地理学会春季大会.
  • 成田 望,2005,秋田県北鹿地方における高齢者の日常生活と老親子のサポート関係.日本地理教育学会第53回卒業論文発表大会
  • 小田隆史,2004,難民の定住からみたインナーシティ問題と都市ホスト社会-アメリカ合衆国ミネソタ州ツインシティーズにおける職住斡旋を事例に-.経済地理学会関東支部例会.
  • 小田隆史,2004,アメリカ合衆国都市におけるエスニック・マイノリティ集団の定住をめぐる諸問題と解決に向けたホスト社会の取り組み.東北大学環境科学研究科第1回研究発表会.
  • 小田隆史,2004,北米都市における貧困再生産プロセス-難民定住を事例に.東北地理学会・秋田地理学会秋季学術大会.
  • 2005.01「環境問題に対する市民社会の取り組み」研究分科会コーディネーター.東北大学環境科学研究科第2回研究発表会.
  • 関根良平,2004,中国内蒙古自治区における農業生産と「退耕還林」「退耕還草」政策.東北大学環境科学研究科第1回研究発表会.
  • 関根良平・蘇徳斯琴・小金澤孝昭,2004,中国内蒙古自治区における草地の劣化と農業生産の変容,日本地理学会秋季学術大会.
  • 関根良平・蘇徳斯琴,2004,中国内モンゴル自治区における農業生産と「退耕還林」「退耕還草」政策,東北大学環境科学研究科第一回研究発表会.
  • 関根良平・蘇徳斯琴,2005,内モンゴルにおける環境対策と農牧民の対応,東北大学環境研究科第二回研究発表会.
  • 関根良平・蘇徳斯琴・小金澤孝昭,2004,中国内蒙古自治区における草地の劣化と農業生産の変容,日本地理学会秋季学術大会.
  • 関根良平・蘇徳斯琴,2004,中国内モンゴル自治区における農業生産と「退耕還林」「退耕還草」政策,東北大学環境科学研究科第一回研究発表会.
  • 関根良平・蘇徳斯琴,2005,内モンゴルにおける環境対策と農牧民の対応,東北大学環境研究科第二回研究発表会.
  • 上田 元,2004,蔬菜の欧州市場向け契約栽培に対する小農の対応―ケニア中央部の例.日本アフリカ学会第41回学術大会.
  • 上田 元,2004,環境利用の空間組織と環境問題―東アフリカの人間環境地理を事例に.みやぎ県民大学・大学開放講座 環境科学概論(2004年10月1日).
  • 梅津洋輔,2004,10cm等高線図を用いた遺跡の推定―滋賀県中主町を事例として―,東北地理学会春季学術大会.
  • 加藤直子・佐藤比呂志・今泉俊文・越谷 信・戸田 茂・荻野スミ子・越後智雄・木村治夫・楮原京子・森下信人・小林 勉・高橋就一・梅津洋輔・水本匡起・氷高草多・吉田明弘・小田 晋・鈴木規眞・菅原泰丞・高橋利幸・小池太郎・佐藤 良,2004,反射法地震探査による庄内平野東縁断層帯の地下構造,日本地震学会秋季大会.
  • 山本健太,2004,浜松中心市街地における卸売事業所の立地展開,東北地理学会秋季学術大会.
  • Yamamoto, S., 2004, Social Networks as Sources of the Competitive Advantage of Kobe City in The Rubber Shoes Industry,The 30th Congress of the International Geographical Union.
  • 山本俊一郎,2004,産業集積地域におけるアイデンティティの再構築,経済地理学会北東支部4月例会.
  • 山本俊一郎,2004,大都市産地における新たな地域優位性の形成,経済地理学会第51回大会.

検索

検索年度:   検索語:

業績リストトップへ
トップページへ

© 2004- Tohoku University Human Geography Seminar